A さん達もバツバツのことは知っていたけれどさすがに半信半疑だったらしいけれど寺院の敷地に入った途端持っていた饅頭らしきものが煮えたぎるように熱くなりみんな慌てて地面に放り投げたという。 全員ビビりまくっているところに陣から何人もの送料が飛び出してきて大丈夫か誰も口にしていないなと そのまま寺院の中に連れて行かれてお祓いのようなことをされ家の人を選んでもらってそれぞれ帰らされたそうだ。 後日 A さんがその友人にどうしてあれがバツバツだと分かったんだと聞いたところだってあいつ川の向こう岸から歩いて渡ってきたんだぜどう考えても普通じゃないだろ。 全員男性が川の上流から歩いてくるように見えていたその友人も上流の方を向いていたはずだったのに実際には俺達全員川の向こうを見つめていたんだとその友人は言った。とはいえ、サラフェプラス とははかなり重要な口コミの内容になっていて、それ以来日が落ち始めたら急いで家に帰るようにしているんだと言って笑いながら A さんは厨房に戻っていった。