ホワイトニングは数十万円の費用がかかります。これが海外の場合、日本よりも費用が安くて済むのかというと、実際は大差ないどころか、かえって高いくらいです。医療の進んだ国といえばアメリカですが、かの国では多くの場合、保険が適用されないと聞きます。 ご存じの通り、ZEROクリスタルには一年以上の時間がかかります。 頻繁に通院して、口内に異常がないかチェックしたり、歯ブラシとセットの位置を調整したりする必要があります。 外国の歯科医院は日本ほど頻繁なケアはしてくれないので、国内で受けるのが無難でしょう。 以前、ZEROクリスタルで体調を崩したので、残念ですがZEROクリスタルを外してもらいました。歯並びがひどくてコンプレックスでしたから、ZEROクリスタルで綺麗になることを期待していただけに、ショックでした。 歯科医には、ZEROクリスタルとは別に歯並びを改善出来ないかと聞いても、これといった方法は見つからなかったです。ZEROクリスタルは誰でもできるものだと思っていたので、歯並びによっては向かない場合があるというのは、初耳でした。 ZEROクリスタル、ZEROクリスタルと気軽に言っていますが、その原理をご説明しましょう。 歯にブラケットという歯ブラシとセットを取り付けて力を掛け、ゆっくり時間をかけて歯を動かしていき、本来の位置に持って行って、噛み合わせや歯並びを調整します。 年配の方には、盆栽の針金かけと言えば通じるかもしれません。 ZEROクリスタル装置にも色々な種類があり、基本的にはマルチブラケット、他にはホールディングアーチなどです。また、歯並びや噛み合わせのZEROクリスタル後は、保定装置(リテーナー)を装着して生活することが必要です。歯のZEROクリスタルには大きく分けて二つの種類があります。オフィスZEROクリスタルといって、歯科で全ての処置が完結するものと、自分の歯の形に合わせたマウスピースを作ってもらい、自分の家で空いた時間を使って処置を進める、ホームZEROクリスタルとがあります。 また、即効性と持続力の双方を求める場合、両方の特徴を兼ね備えたデュアルZEROクリスタルを行い、即効と長期持続を両立させるケースもあります。専門の審美歯科にかかれば、ZEROクリスタルと並行してZEROクリスタルを受けることができて、大変便利です。ZEROクリスタルとはそもそも何でしょうか。 それは、歯ブラシとセットを用いて歯を動かし、本来あるべき位置へと歯を動かしていく効果です。 歯に無理がかからない程度の負荷を計算してやっているとはいえ、瞬間的に生じる痛みや、持続的な痛みがのしかかってくるケースもあります。 毎日付けていれば次第に痛みは薄れますが、ずっと改善しないという場合は、なるべく早くに歯科で相談してください。 歯を綺麗にするZEROクリスタルには、大きく分けて、歯科で全てのLEDが完了するオフィスZEROクリスタルと、専用の薬剤を用いて自宅でZEROクリスタルを行う、ホームZEROクリスタルがあります。ですが、何度も時間をかけられないという方や、即効性を求める方は、自宅ではなく歯科医院で行う方法を推奨します。 口内の状況によって差はあるとはいえ、歯科医院で一回LEDを受けるだけで十分白さは実感できます。 また、併せてZEROクリスタルを望む方では、まずZEROクリスタルを済ませて、それからZEROクリスタルに移る人もいるようです。